社長メッセージ

近年、環境汚染や自然災害等が社会問題となっている中で、木材廃棄物に着目し、有限会社スーパージャングルを設立して、皆さまのご愛顧に支えられ今日に至りました。
この場をお借りしまして、厚く御礼申し上げます。

弊社は伐採木や刈草等の生木類をチップ化し、堆肥の原料や土壌改良材、木質バイオマス発電燃料等へのリサイクル事業を通じて、循環型社会の構築に貢献しております。

環境省が普及を推進している環境マネジメントシステム、環境パフォーマンス評価及び環境報告を一つにした「エコアクション21」に登録・認証、積極的な環境配慮に伴う活動を展開、まさしく「環境ドクター」の名に相応しい、地球に優しい環境づくりを全社員一丸で取り組んでおります。
平成25年には、新潟市が定める第1回「3R事業者トップカンパニー」の認定を受けており、Reduce(リデュース:発生抑制)、Reuse(リユース:再使用)、Recycle(リサイクル:再生利用)に関する活動を積極的に行なう事で、人にも環境にも優しい事業者として地域の模範となるべく、日々研鑽を重ねていきます。

また、関連会社である株式会社ハラジンに木材チップを売却、チップ堆肥工場で製品(土壌改良材)を同関連会社である株式会社甚八農場に卸し、土壌改良材(チップ堆肥)を使った畑にて農作物を栽培、JAやスーパー等に卸しており、グループにて三位一体となる完全な循環型事業を構築しております。

新しい取り組みとして、解体工事や森林整備と云った事業を行なう事で、更なる循環型社会の確立に貢献していく事で、皆さまとの信頼関係を更に大きなものへと育んでいきたいと考えております。
今後とも一層のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

有限会社スーパージャングル
代表取締役 原 正行